Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

月別: 2018年12月

住み心地。

2018/12/31 23:11

住み家、住み心地。
大抵は、自分の家を指すことが多い。

しかし、本当の住みやすさとは、呼吸のごとく自分の力を発揮できる場所を指すのである。
つまり、職場である。。

例えば、己が不動産屋に向いてないのに、いっぱしの不動産屋の営業街道を走っているとか、
例えば、己が飛行機が心底好きではないのに、航空会社に勤めてはいないだろうか。

翻って、家だけは立派なのに、職場で呼吸困難に陥ってはいないかと、
毎日、毎日、とにかく振り返ってみることである。

一から住まで。

さあ、明日に向かおう!

P.S.
今、名古屋から帰ってきた。
『矢場とん』が福岡で食べられなくなるらしい。。ヤバ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

不動産屋が生き残るためには。

2018/12/28 5:13

とある本人訴訟案件で、大手新聞記者より取材を受けました。
判決の内容によっては、全国の不動産屋がひっくり返るようです。

簡潔に説明しますと、住居用の媒介報酬は、月額賃料の0.5か月分が上限って、皆さまご存知ですか?
これを巷の不動産屋は、平気で当たり前のように一カ月分をお客様に請求しています。。

いつかの最高裁判例のように、みなし利息(報酬)が不法原因給付と判断されれば、過払金請求訴訟が勃発するでしょう。
不当利得返還請求事件のラッシュです。

悪しき習慣は、いつか必ず滅びるんですね。

読売新聞西部本社
読売新聞西部本社
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

株式会社船井総合研究所/創業者船井幸雄氏

2018/12/11 1:01

本日、国内屈指の経営コンサルタント、株式会社船井総合研究所の優秀なお二方と鼎談しました。
とても有意義なお話ができ、光栄です。

それなりの費用はかかりますが、さすが、かの有名な著者出身の会社だと痛感しました。
世の経営者さま、同社は、心からお薦めできます。

餅は、餅屋なんですよ。きっと。。

船井総合研究所
船井総合研究所
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
スポンサー広告