Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

月別: 2016年6月

無神論者。

2016/06/30 0:00

喫茶店で、いきなりパソコンを出す人がいる。
こういう人は、たいていデスクトップ上が散らかっている。

画面いっぱい、見事にファイルだらけで、
もしかしたら、そういう背景デザインだったかもしれない。

そして、今どきビジネスメールをOutlookで処理していた。

 

懐かしい風景だったが、
今やGmailを超えるものはないと痛感している。

むかし、サイボウズという会社に50万円掛かって構築した共有機能が、
今ではGoogleが、無料でそれをあっさりと果たしているのだ。

 

さて、このようにネット界の「神」として君臨しているが、
我々のリアルな「神」は、どこにいるのだろうか。

天皇陛下だろうか。
それとも、キリスト教か、仏教なのか。

「わたしは、どこの宗教も信じない!」という人が大多数だが、
そんなことはない。

 

「無宗教」という宗教に属している。

日ごろ、大勢で群れるくせに、個としては、無所属なのだ。

 

逆である。

孤高にひとりで動き、大きい所属を作るのだ。

 

多数のファイルでありながら、
ちゃんと、フォルダ別に名前を付ける。

 

P.S.
6月29日、Googleアドセンスの審査がやっと通ったので、
ちょっと持ち上げてみました。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

綺麗事の3拍子。

2016/06/29 0:00

不動産の投資物件(1ルーム)が、なかなか売れない。
居住用(業界用語で実需)とは、勝手が違う。

治安よし、駅近く、買い物便利といった、
3拍子が揃わない限り、難しいといえる。

声を大にして言えないが、
そもそも個人レベルで不動産に投資してはいけないのだ。

 

では買ってしまったものは、どうしたらいいか。
方法は2つ。

1)あきらめてしまうこと。
期待するなという意味である。

えさ(広告)を垂らして、かかるのを待つ。
まかり間違って売れることもある。

 

2)どんな手を使ってでも売る。
グレーで書けないけど、
死にもの狂いの債権回収会社のやり方は、
たいへん参考になると思う。

この手の輩とバッティングしたことがあり、
たくさん学ばせてもらった。

 

新築販売時は、実体経済であり、
GDPにカウントされるが、

中古の売買時は、
金融扱いになり、なんでもありなのだ。

 

P.S.
取引がぜんぶ「公正・公平・平等」の3拍子であれば、
わざわざ、この字を使う必要がない。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

電子の恐さ。

2016/06/28 0:00

最近、道端に1円玉すら落ちていない。

小1のころ、10万円入りの封筒を拾ったことがある。
無垢なため、近くの八百屋のおばちゃんを通じて、警察に届けてしまった。

お礼に、持主から鉛筆とノートをもらったが、
今思えば、遺失物法の報労金規定を満たしていない。

 

さて今や、買い物はスマホで決済できる。

nanacoやWAONなど、どこもかしこも電子マネーだらけだ。
決済手段だけは、気持ち悪いほど豊富である。

株券と証券も、ペーパーレス化になり、
個人の重要資料までクラウド化にして久しいが、

通帳も含め、すべてがバーチャルになってしまった。

いざ、これらすべてがリセットされたら、どうなるだろうか。

 


実は、「あーごめんね。」の世界なのだ。

 

そもそも、有事や国家破綻とはそういうものだろう。

そのとき政府が、いくら国民に報労したくても、
証拠自体が残っていない。

 

P.S.
紙媒体は、永久に不滅です。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

メタル。

2016/06/27 0:00

はぐれメタルを知っているだろうか。

どんな勇者でも、「1」しかダメージを与えれず、
強靭なくせに、逃げ足が、かなり速い。

 

さて、
6月26日は、マーク・リッチという人物の命日だった。

メタル(金属)トレーダー(相場師)として、財を築き、
脱税の罪で、300年超の刑を科せられていたが、
恩赦で、これを免れた経緯のある人だ。

当時のクリントン大統領が、記者に対し、
「脱税で起訴されるのは、おかしい。」とまで言わしめた男。

内情なんて、どうでもいいが、
これが本当の強さではないだろうか。

服役で、死んだらおしまいなのだ。

 

どんな手を使ってでも、
生き残った者が、一番強い。

 

まさに人生のメタル・リッチ。

 

P.S.
本当の無辜(むこ)が、服役していたりする。
そんなメタルな心は、持ち合わせていない。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

裁判所を利用する。

2016/06/26 0:00

街を歩いていると、
突っ込みどころ満載である。

ベンチの配置や、段差、道に越境した枝や看板。

 

さて、
公園などの入り口付近や境界部分、
並んだポールに横にたわんだチェーンに着目したい。

あたりまえに設置してあるが、これが危ない。

子どもだと、縄跳び感覚でジャンプして遊んだりするだろう。

以前、通行の女性が、うまく飛び越えれず、足が引っかかって、
顔から転倒し、ひたいをパックリ切る事故に遭遇した。
救急車も呼んだ。

女性や子供は、
30センチ程度の高さでも、うまくまたげない。

自分を責めなくていい。
ここはぜひ、管理者ないし土地所有者を提訴してみる。

「え?そんなことで?」
と思うかもしれないけど、
ケガを負った本人にしてみれば、苦痛を受けている。

 


裁判の勝敗よりも、
とにかく、主張することが大事なのだ。

 

おっちょこちょいな人が、
見知らぬ次のおっちょこちょいを守ってあげる。

いずれ日本も、訴訟大国になる。

 

P.S.
事例がないなんて関係ない。自分が第一号になってしまえ。
(まずは、内容証明郵便を送るの忘れないでね。)

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

アメとムチ。

2016/06/25 0:00

お客が店を出て行くたび、
テーブルをこまめに拭くスタッフの姿がある。

惜しいのが、表面だけでフチを拭かない。
鼻くそがついてても、そこはご愛嬌なのだろう。

 

さて、車の運転免許をもっていない女性とたまに出くわす。
よく今まで生きてこれたな、と感心させられるが。

話を聞いていると共通している点がある。

周囲に、アッシーなる人が必ずいるのだ。

 

「奴隷のしつけ方」という本がある。
タイトルに惹かれるも、翻訳なので読んではいない。
けど中身は、だいたい想像できそうだ。

人は、お金だけではついてこないし、
尊敬だけでも、もの足りない。

 

自分の存在価値が、
脅かされるとき、人はついてくる。

 

この恐怖の崖っプチを知っている人だけが、
奴隷を囲うことができる・・という感じだろうか。

 

P.S.
絵画は、額ブチが命。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

無心。

2016/06/24 0:00

日本銀行に入ったことがあるだろうか。

待合客、誰ひとりいないのに、
座って待ってる背後で、
二人のガードマンがべったりくっついてくる。

レトロチックで館のような建物内、
静寂で、時間が止まったように無心になれる。

ガードマンも、立ったまま寝むたくなろう。

もちろん、換金紙幣は新札だ。
(毎回、2千円札をまじえてくる)

 

さて、不動産を購入するのき、
ローンを組むか、現金で買うか。

たとえ現金があっても、
ぜひローンを組んでもらいたい。

現金購入とみせかけて、
内情は毎月、親に返している人もいる。

 

現ナマは、当然お金だ。
しかし、
ローンは、お金ではなく、
単なるスコア(点数)なのだ。

 

スコアは、無から生まれ、
実のところ、不動産も、無ということになる。

無をお金に変えることができるのは、銀行だけ。

ある意味、無心とも言える。

 

P.S.
所有権という意識も、無から生まれた。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

割合。

2016/06/23 0:00

人間関係において、
水と油、という表現をよくする。

混ざらないという比喩らしいが、
一応は、混ざっているようにも見える。

 

さて、「8対2」という有名な法則がある。

8割のポップコーン社員と、
2割のエリート社員で会社を先導しているとか、
まぁ、なんにでも当てはまる。

しかし、空気中の濃度割合は、
約80%窒素と約20%酸素、
そして、0.1%以下の二酸化炭素等で構成されている。

 

そう。
厳密には、8対2対(0.1)の法則だ。

 

この世も、8割の庶民と、2割の富裕層。
そして、0.1割以下の
「スーパー富裕層」で構成されている。

そして、
これらは、混ざるどころか、接点すらない。

 

P.S.
「友人とお金は、水と油だ。」と言った、
マフィアのセリフが頭をよぎった。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

おとぎ話。

2016/06/22 0:00

海外で活躍する日本人が、
スポーツ記事に取り上げられる。

あっまだ海外にいたんだね、と思いつつ、
自分には直接、なんら関係がない。

 

アメリカの愚民化政策に、
スポーツ、セックス、映画の3つがある。

観客側はもちろん、プレイヤー側も指すのだ。

やっているときは、楽しくても、
高額納税者のまま、スポーツ界から放り出された末路は憐れだ。

しかし、これら公開されているくらいだから、
大したことではない。

 


4つ目に「絵本」がある。

 

教育よりもさりげなく、
正直さや清貧を善とする、宗教との連携だ。

幼少期から読まされれば、
まず洗脳解くのは、ムリだろう。

 

P.S.
世の作家さんが、苦手だった科目、実は「国語」。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ひっ算。

2016/06/21 0:00

算数の問題を解くとき、
空いたスペースに計算書きする。

式は、ためらわずに書けても、
この筆算部分を消してしまう子どもがいる。

 

さて、その場に居合わせた人に、
電話番号など連絡事項を伝えるとき、
どうしているだろうか。

まくし立てて、もたつく相手を楽しむか。
それとも、ゆっくりと104のごとく、何度も唱えるか。

どっちでもいいけど、
紙とペンを持ち歩かない人は、かなり要注意だ。

図々しい人は、「復唱して」まで言い出す。

こうして、
すべてを口頭で終わらせると、どうなるか。

 

無能と判断される。

 

言葉は、公有だけど、
手書きは、私有なのだ。

 

P.S.
その場で、
「電話番号を書いたメモ」をさっと差し出すのは、
かっこいいではなく、あたりまえ。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
1...最後
スポンサー広告