Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

月別: 2015年9月

人はよくわからない。

2015/09/30 21:54

人に価値観を押し付ける人がいる。
下手に謝っても、より一層調子にのる。

今までは、自分に非があるのかなと思いこみ改善してきた。
だが、その必要はなかった。

とことん嫌われていい。

これが正解だった。

P.S.
人はすべての主張に、利なる思惑がある。
善意など一切ない。
 

人生論 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

反省は身がもたない。

2015/09/29 22:31

あーこんなではダメだなぁ、と反省するときがある。
すると周囲は、反省は素敵なことと称賛する。

実際に反省して、
素敵になっただろうか。
一時の上っ面がこびりつき、層となる。

沸き起こる本心からでしか、
一切聞く耳をもたない。

P.S.
人が離れていく?
いいんじゃない。ひたすら自分を守る。
 

反省 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

死と向き合うこと。

2015/09/28 23:23

健康なとき、モテ気なとき、
お金が入ってくるとき、
死をどこかに忘れてくる。

それどころか、
ずっと自分は幸せのままだと勘違いし、
でも、あっさりと散っていく。

明日死ぬかもしれないを本気で考えれるとき、

僕は、超合金になる。

 

つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

空気清浄機が必要。

2015/09/27 21:40

父親らしく。
母親らしく。

「らしく」を連呼するアホとは、
同じ部屋の空気すら共有できない。

しかしどうだろ。
口にせずとも、空気で伝達してきた場合。

空気で感じたことは、言葉よりも正確である。

P.S.
空気はこわい。

空気清浄機 つぶやき ブログ 殿堂

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

軽車両事故のほったん。

2015/09/26 21:48

「子どもの自てん車」と聞けば、
事故以外に連想がわかない。

それだけに、わずか20インチ前後の自てん車は、
存在自体が痛々しい。

買ってほしいと泣き叫ぶ我が子を見捨てきれず、
しぶしぶ買ったところで、不幸は目に見えている。

納得いかないものには、一切金を出さない。

P.S.
「買って、買って~自てん車買って~」
「シャーラッーープ!!!」
 

事件・事故 つぶやき ブログ 殿堂 blogram

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

他人の死。

2015/09/25 22:05

自分以外の他人を悲しみ悼むことは、まずない。
他人の死は、たんなる史に過ぎない。
あー自分は「生きてる」とそこそこ感じる。

しかし突如、いつもと違った、
意味不明の感情を抱くときがある。
何か深い根のところから沸き起こる悲しい感情。

そのとき、
「生きてる」を心底感じる。

P.S.
僕の血は、理不尽という名のワインでできている。
・・・かもしれない。
 

生と死 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

自分の力。

2015/09/24 23:03

なるほど、あらゆる出来事について、
考え尽くしたからと、巧みに講釈たれる人がいる。

嫌うことは、自分の投影だのなんだのエトセトラ。

そんなことより、
自分の力では、到底及ばない
次元を異にする何かに目を向ける。

P.S.
すべてはたわごと。
 

異界空間 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

なんたらウィークにすること。

2015/09/23 22:13

やっと終わった。という向きもある。
家族といると疲れる人もいる。

同居人をおもね、気を使い、
先行の不安を案じて、ヘトヘトになる。

で、あるぐらいなら、
いっそ喧嘩したほうがいい。

P.S.
長い休暇は、そばにいる人と
喧嘩するためにあるのではないだろうか。
 

シルバーウィーク つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

父親。

2015/09/22 21:47

子連れ狼のようにカートをおし、
くだらない催しに行列をつくり、
家族みんなと、ジャンクフードコートで食事して、
楽しいのだろうか。

拷問だ。

そんなブッサイクと一緒にいて、楽しいのだろうか。

心の深いところで、妻や子どもを愛せてない。

P.S.
え? 愛せる?
それはよかった。
 

家族のこと つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

不調の時に起こる現象。

2015/09/21 21:07

不調の知らせをかんたんに知るときがある。

同じ格好したヤツが突如して現れる。

上から下まで。
ブランドまで同一とあらば、かなりの重症とみる。

P.S.
人懐っこいつヤツからすり寄られても、
これはこれで、不調の合図かもしれない。
 

興味深い話題・出来事など つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
1...最後
スポンサー広告