Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

月別: 2015年4月

なくならないと分からない。

2015/04/30 19:32

健康なのは、あたりまえじゃない。

仕事があることも同様。

いや、言ってもわからない人は、

あたりまえのままでいい。
本当にそれでいい。

P.S.
病気になっても、自暴自棄にならない人を僕は知っている。
出会えてよかった。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

いろいろ、価値観があるんだなぁ。

2015/04/29 23:13

手許4万円しかないにもかかわず、
マッサージしてもらった人にチップ1万円を渡す人がいる。

『見栄はるのをやめなさい。』みたいなことを言うと、
悲しそうな顔をする。

身近にいる人ほど、解り合えない。

P.S.
でも僕は、ニコニコしている人より、
悲しそうな顔している人のほうを、何となく好む。
 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『ずっーといっしょ!』

2015/04/28 23:25

愛娘が家族を囲んで発している言葉。
どっかの住宅ローンのCMであった。

2つ(家族と固定金利)をかけているだろうけど、

そもそもお父さんは、家自体要らない。

P.S.
家族割。ネーミングが腑に落ちない。
スマホは、自分名義で買いなさい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

子育て奮闘ママの心の叫び

2015/04/27 23:39

映画館で子どもが、ぐずる。
2歳にシンデレラ120分はキツイ。

喫茶店でも、ママは友と夢中、店員が子をあやしたりして。
どこもかしこも、閉鎖的空間で、泣き声が響き渡る。

それだけ、家庭という閉鎖的空間で、ママも奮闘している。

ママの心境を子どもが外で表現する。

P.S.
『勇気と優しさ』は、親より子どものほうがあったりする。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

本音で生きると、笑えない。

2015/04/26 23:09

いつも笑顔の人がいる。
怒っている人より、笑っている人の傍にいたほうがいいのはわかる。

顔が怖いと、『授業参観、見に来ないでね。』と言われかねない。

でも、ごめんね。

笑えない。

どうあがいても、今、装った笑いができない。

P.S.
あなたは言った。
『笑顔が戻ってくる日があるかなー。』

偽善の笑いをするくらいなら、戻ってこなくていい。
なぜなら今が、あなたに対する本音の顔だから。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

『うわぁ~それ、おいしそうですよね~』

2015/04/25 23:58

だまって、オーダーを受けてりゃいいものを。
いちいち話しかけてくる店員に、うんざりする。

そんなことより、たまってるトレーや皿を引いたらどうだ。

なんとなく主導権が自分にないとき、人は離れていく。

P.S.
上っ面の善人ほど、他人に苦笑いを強要する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

誰でも過ちを犯す。

2015/04/24 23:20

分割払いのスマホにカバーを付けて、大事そうに画面をシュッシュ。
批判記事でも、検索しているのか。

人並みに生活し、人並みに通勤し、そして、だれかをネットで憂さ晴らし。

人は習慣の奴隷。そして、それが本当の過ちである。

P.S.
納得いかない相手には、面と向かって忠告する。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

料理の手際、努力じゃどうにもならない。

2015/04/23 21:32

主婦は酷である。
不器用ながらも、朝・夕飯をこしらえる。
夕飯前、お菓子を食べる子どもに責任はない。

対局して、毎日、さりげなく食卓におかずが並び始め、
サッサと食にありつける家庭がある。

これはあたりまえではない。
実はスゴイことである。

P.S.
手際が悪いと水道代・ガス代も高い。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

うるさい客にはうるさいと注意する。

2015/04/22 23:45

トリップコーヒーを胃袋に流し込む至福のひととき。
それを邪魔するカップル客に、今日2組も遭遇する。

僕は、その人たちに直接、声をかける。
『声がでかいので、僕のシナモンロールが台無しです。』と。

いつものような反応で、周囲もいつも通りに唖然としている。

喫茶店の雰囲気も、代金に含まれている。

ただそれだけの話である。

P.S.
総じて、豊かな雰囲気を出しているカップル・夫婦は、逆に声が小さい。

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

家族にだって容赦しない。

2015/04/21 23:30

大事な人に嫌われたら、どうやって生きていこうか。

ときに無謀な怒りがわく。

この寂しい気持ちを
誰かのせいにしないとやってられない
ときだってあるのだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
1...最後
スポンサー広告