Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

カテゴリー: ひと言ブログ(でもひと言じゃない)

自分を好きになる方法。

2020/01/06 5:41

突然だが、僕は、「自分が大好き」だ。
それはもう、常軌を逸するほどである。

僕は、プロフィールにも明記しているように太宰治と同じ誕生日だが、太宰治級のナルシストをはるかに凌駕して、真のナルシストだと自負している。

毎日、鏡を見ながら、自分で自分にうっとりするくらいだ。
かれこれもう40年以上そんな生活を送っている。

その理由は、なぜか分かるだろうか。
それは、今日から仕事始めの人も多いだろうが、ほとんどの人は、
「あ~、だるい」「仕事行きたくない」と嘆いている一方で、
僕は、ルンルン気分なのだ。

ルンルンすぎて、今朝は4時に目が覚めた。
で、今、ブログを綴っている。

ここで言いたいのは、
自分が自分を好きになるには、自分の好きなことを仕事にする必要がある。
方法は簡単だ。
自分自身へのラブソングを毎日、考えることだ。

どんな歌詞でもいい。
まず、自分を褒めることから始めるとしよう。
恥ずかしからず、思いのたけ、虚心坦懐に自分で自分に手紙を書くのだ。
こそっと自分のパソコンのWordに保存しておけばいいじゃないか。

これが意外と効果的である。

ちなみに僕は、いつ死んでもいい。
生来、これだけデタラメに、かつ、やりたい放題生きてきたのに、
今こうして、たっぷり時間を享受させてくださっている神様に心から感謝しているからだ。

P.S.
生まれ変わっても、次も絶対、自分自身になりたい。
ゴールデンボンバーじゃないが、僕は、僕自身に『女々しい』のである。

P.S.
『私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、
自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。
オードリー・ヘプバーン』

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

人間観察。~元旦編~

2020/01/01 17:45

今朝5時に起きたら、びっくりドンキーである。

スマホに「あけおめ」LINEやメールがたくさん来ているではないか。
世間には、元旦0時00分に一斉送信しましょう、という暗黙のルールでもあるのではないかと疑ってしまう。
中には、着信まで残している輩までいた。
その頃、僕は爆睡中である。

さて、僕は始発の電車に乗って、太宰府天満宮へ参拝に行った。

でその後、毎年恒例のとある有料自習室に行くのが、元旦の過ごし方である。
しかし、そこの自習室が午前10時からだ。

午前9時に着いたから、あと一時間もある。
ふと、周囲を見ると、ベローチェが開いていた。

入った店内は閑散としていた。
そこで、前のソファーに、足をかけている行儀の悪いカップルを見かけた。

行儀が悪いなぁ、なんて思っていたら、なんと、店員が注意したのだ!
今のご時世、喜怒哀楽の「怒」を表現するお店は、皆無に等しいだろう。

僕は感銘を受けた!
今はすぐ、Googleのクチコミで何を書かれるかわかったものじゃないのに、大変勇気のある店員だった。

その店員は、立派だ。
名前を聞いて、ヘッドハンティングしたいくらいである。

元旦早々、店員に注意されるカップルもなんともバツの悪い顔をしていたが、うだつの上がらないカップルのようだったから仕方ないだろう。

ここで言いたのは、喜怒哀楽の「怒」は、自分の口で言うことだ。
「怒」だけは、文字にすべきではない。(訴状は除く)

正々堂々と、自分の口で、「怒」を表現できる、
そんな世の中のほうが、素晴らしい。

P.S.
ここだけの話、僕は、Googleのクチコミは、全部5星を入れる主義である。(たまに4もある。)
貶すのは簡単だが、褒めるのは、知性が必要だからだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

人間観察。~大晦日編~

2019/12/31 14:17

大晦日である。
暇だから、人間観察のために、いつも喫茶店に来てみた。

なんと、今ごろ年賀状を書いている人がいるではないか。
他方、参考書を開いて、勉強をしている人もいる。

何とも面白い光景である。御仁それぞれなんだなぁとつくづく思う。

年賀状を書いている人のような、前倒し人生を謳歌していない人のそばには近寄らないようにして、勉強している人の横に座ってみた。

参考書は、「司法書士」であった。
僕も自慢でないが、司法試験の猛勉強を3年間やった経験がある。
だから、司法書士くらいなら目を瞑っても受かるぐらい勉強した。

今は、判例を読むのが趣味である。
最高裁判所のホームページには、腐るほど、判例がある。しかも、全部タダである。
こんなラッキーな話はないだろう!

僕の高校時代は、国語「2」で、国語が大嫌いだったから、
仕方なく理系に進んだ経緯がある。

それでも、裁判例だけは、フッと頭に入るのである。
だから、このブログを読んでいる人に向けて言いたいのは、
毎日1事案、判例を読むくせを附けるといい。

判例は、とにかく面白い。裁判官の渾身の想いが詰まっている。
いわば、憧憬の地を見たかのような光景が目に浮かぶのだ。

悪魔の証明のような事案でも、真っ向から向き合って書いているその文章には、敬意を払いたい。

P.S.
さぁ、明日は、水曜日。
粛々と今週の仕事を全部、終わらせよう。
そして、今日も、さっさと寝るのである。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

チャンスを敢えて捨ててみる。

2019/12/29 18:06

日曜日が週の始まりであり、Twitter、facebookで、月曜日から土曜日までの生活方法を書いてみた。

すると早速、週の終わりにチャンスがやってきた!
なんと、とある大手企業の社長さまから、プライベートの忘年会に呼ばれたのだ。

僕は、そのとき北九州に一人旅に出ており、行こうと思えば、
車で一時間くらい、ぶっ飛ばせば、充分に戻れる。(ホテルもキャンセルして)

しかし敢えて、僕は行かなかった。

「呼ばれた」ということが、今年一、嬉しかったからだ。
それだけで充分である。

ここで言いたいのは、僕の師が教示する方法で、生活リズムを送ると、本当に、チャンスがやってくるということ。
あと、僕なりに仮説を立ててみると、
それを敢えて、捨ててみるということだ。

確かに、右の忘年会に行けば、いろんな企業の社長さまも来るらしいから、そこで、人脈は広がるだろう。しかし、そういったものは、人脈ではなく、単なる訳知り程度のものである。

そんな時間があれば、ホテルの部屋で一人読書にふけっていたほうが、余程、時間の有効活用だと思ったからだ。

さて、僕は、先の大手企業社長さまとは、以前から、お近づきになりたい人だったのだ。(毎日、社長のブログも読んでいた)
で、今年、自分のほうから、面談を申し込み、相手の社長さまも僕を気に入ってくれたという経緯だ。
今年2019年は、本当に素晴らしい年だった。それだけで、充分である。

P.S.
繰り返しになるが、ちなみに今日は、日曜日。
週の始まりである。まさか、年末年始を意識することなど絶対にない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

二日酔いはあっても、二日事故、、もある。

2019/12/02 21:47

二日連続で事故にあった。
令和元年12月1日と同2日。

しかも、どちらも過失割合「10:0」で小生、被害者側である。
まぁ、ある意味、運がいいのかもしれない。。

むち打ち症で済んで、不幸中の幸いなのだから。。
むち打ち症だけに、己の無知を知ることも大切であると思う、今日この頃であった。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

住み心地。

2018/12/31 23:11

住み家、住み心地。
大抵は、自分の家を指すことが多い。

しかし、本当の住みやすさとは、呼吸のごとく自分の力を発揮できる場所を指すのである。
つまり、職場である。。

例えば、己が不動産屋に向いてないのに、いっぱしの不動産屋の営業街道を走っているとか、
例えば、己が飛行機が心底好きではないのに、航空会社に勤めてはいないだろうか。

翻って、家だけは立派なのに、職場で呼吸困難に陥ってはいないかと、
毎日、毎日、とにかく振り返ってみることである。

一から住まで。

さあ、明日に向かおう!

P.S.
今、名古屋から帰ってきた。
『矢場とん』が福岡で食べられなくなるらしい。。ヤバ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

不動産屋が生き残るためには。

2018/12/28 5:13

とある本人訴訟案件で、大手新聞記者より取材を受けました。
判決の内容によっては、全国の不動産屋がひっくり返るようです。

簡潔に説明しますと、住居用の媒介報酬は、月額賃料の0.5か月分が上限って、皆さまご存知ですか?
これを巷の不動産屋は、平気で当たり前のように一カ月分をお客様に請求しています。。

いつかの最高裁判例のように、みなし利息(報酬)が不法原因給付と判断されれば、過払金請求訴訟が勃発するでしょう。
不当利得返還請求事件のラッシュです。

悪しき習慣は、いつか必ず滅びるんですね。

読売新聞西部本社
読売新聞西部本社
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

株式会社船井総合研究所/創業者船井幸雄氏

2018/12/11 1:01

本日、国内屈指の経営コンサルタント、株式会社船井総合研究所の優秀なお二方と鼎談しました。
とても有意義なお話ができ、光栄です。

それなりの費用はかかりますが、さすが、かの有名な著者出身の会社だと痛感しました。
世の経営者さま、同社は、心からお薦めできます。

餅は、餅屋なんですよ。きっと。。

船井総合研究所
船井総合研究所
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

ありがとう。毎日。

2017/12/31 19:06

やることがたくさんあり過ぎて困る。

ブログを綴るのを4月に止めたとたん、自分のやるべきことがわかった。

フッと降臨してきたかのように。
もうこれしかないというものが、わかった。

さぁ、また明日も今日と同じことをやるのだ。

あさっても、しあさっても、一年後も。
没頭するのである。
だから、いつも通りに今から寝る。

そして、朝5時に目を覚ます。
いつものルーティンである。

 

P.S.
ある人のブログ、毎日欠かさず読んでます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

君と僕の公立入学式。-そしてお別れ-

2017/04/13 0:00

公立中学の入学式当日、容赦ない雨と風のなか、君の制服姿は玲瓏としていた。まさに、華に風だったね。

だのに、新入生の初々しい表情とは裏腹に、式自体は見るも無残だった。
在校三年生に向かってマイクで大声を張り上げる学級主任、新一年生の名前を間違えて読み上げる担任の先生、来賓のあいさつ中、ずっと雑談している父兄まで散見され、好事魔多しである。

私立中学のそれとは、もはや品の格差が桁違いで露呈されたようなものだ。
だから君は、これからしっかり勉強しないといけない。
人は、普段から頭を使っていないと、怖くなって無駄な言動が増える生き物なのだ。

PTA会長が祝辞の中で、「ダイヤモンドの原石」を引き合いに出し、いい話をしていた。
ダイヤモンドを研磨するのは、ダイヤモンドしかないと。
だから人を研磨するのも「人」という友情しかないという内容で締めくくった。

ただ、君に勘違いしてほしくないのは、その「人」とは、友だちや先輩、先生や親など周囲とのコミュニティを指すのではない。それらは単なる魔物だろう。
人を研磨するのは、祖先の叡智だけである。
つもりそれは本という魂だ。

祖先が残した「公律」の知恵をまず拝借させていただく。
その上で、自分なりの「私律」が自ずと生まれるようになるという意味だろう。
人類が積み上げてきた土台なしで、個性なんかあったものではないということだ。

今日からお互い、公律の学びに切磋琢磨、励もうではないか。
手に入れるのは、本物だけにしよう。

僕がそう言っているのだから、間違いない。
だって、本を読み漁りながらブログを綴っている毎日が、素敵な偶然の連続だったのだから。

 

P.S.
ある人のように、呼吸の如く文章を書けないことがもの凄く悔しい。
また書き連ねたくなる日まで、しばしのお別れです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る
1...2550...最後
スポンサー広告