Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

自分を好きになる方法。

2020/01/06 5:41

突然だが、僕は、「自分が大好き」だ。
それはもう、常軌を逸するほどである。

僕は、プロフィールにも明記しているように太宰治と同じ誕生日だが、太宰治級のナルシストをはるかに凌駕して、真のナルシストだと自負している。

毎日、鏡を見ながら、自分で自分にうっとりするくらいだ。
かれこれもう40年以上そんな生活を送っている。

その理由は、なぜか分かるだろうか。
それは、今日から仕事始めの人も多いだろうが、ほとんどの人は、
「あ~、だるい」「仕事行きたくない」と嘆いている一方で、
僕は、ルンルン気分なのだ。

ルンルンすぎて、今朝は4時に目が覚めた。
で、今、ブログを綴っている。

ここで言いたいのは、
自分が自分を好きになるには、自分の好きなことを仕事にする必要がある。
方法は簡単だ。
自分自身へのラブソングを毎日、考えることだ。

どんな歌詞でもいい。
まず、自分を褒めることから始めるとしよう。
恥ずかしからず、思いのたけ、虚心坦懐に自分で自分に手紙を書くのだ。
こそっと自分のパソコンのWordに保存しておけばいいじゃないか。

これが意外と効果的である。

ちなみに僕は、いつ死んでもいい。
生来、これだけデタラメに、かつ、やりたい放題生きてきたのに、
今こうして、たっぷり時間を享受させてくださっている神様に心から感謝しているからだ。

P.S.
生まれ変わっても、次も絶対、自分自身になりたい。
ゴールデンボンバーじゃないが、僕は、僕自身に『女々しい』のである。

P.S.
『私にとって最高の勝利は、ありのままで生きられるようになったこと、
自分と他人の欠点を受け入れられるようになったことです。
オードリー・ヘプバーン』

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告