Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

チャンスを敢えて捨ててみる。

2019/12/29 18:06

日曜日が週の始まりであり、Twitter、facebookで、月曜日から土曜日までの生活方法を書いてみた。

すると早速、週の終わりにチャンスがやってきた!
なんと、とある大手企業の社長さまから、プライベートの忘年会に呼ばれたのだ。

僕は、そのとき北九州に一人旅に出ており、行こうと思えば、
車で一時間くらい、ぶっ飛ばせば、充分に戻れる。(ホテルもキャンセルして)

しかし敢えて、僕は行かなかった。

「呼ばれた」ということが、今年一、嬉しかったからだ。
それだけで充分である。

ここで言いたいのは、僕の師が教示する方法で、生活リズムを送ると、本当に、チャンスがやってくるということ。
あと、僕なりに仮説を立ててみると、
それを敢えて、捨ててみるということだ。

確かに、右の忘年会に行けば、いろんな企業の社長さまも来るらしいから、そこで、人脈は広がるだろう。しかし、そういったものは、人脈ではなく、単なる訳知り程度のものである。

そんな時間があれば、ホテルの部屋で一人読書にふけっていたほうが、余程、時間の有効活用だと思ったからだ。

さて、僕は、先の大手企業社長さまとは、以前から、お近づきになりたい人だったのだ。(毎日、社長のブログも読んでいた)
で、今年、自分のほうから、面談を申し込み、相手の社長さまも僕を気に入ってくれたという経緯だ。
今年2019年は、本当に素晴らしい年だった。それだけで、充分である。

P.S.
繰り返しになるが、ちなみに今日は、日曜日。
週の始まりである。まさか、年末年始を意識することなど絶対にない。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告