Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

不動産屋が生き残るためには。

2018/12/28 5:13

とある本人訴訟案件で、大手新聞記者より取材を受けました。
判決の内容によっては、全国の不動産屋がひっくり返るようです。

簡潔に説明しますと、住居用の媒介報酬は、月額賃料の0.5か月分が上限って、皆さまご存知ですか?
これを巷の不動産屋は、平気で当たり前のように一カ月分をお客様に請求しています。。

いつかの最高裁判例のように、みなし利息(報酬)が不法原因給付と判断されれば、過払金請求訴訟が勃発するでしょう。
不当利得返還請求事件のラッシュです。

悪しき習慣は、いつか必ず滅びるんですね。

読売新聞西部本社
読売新聞西部本社
このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告