Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

イエス、アイキャン。

2017/03/01 0:00

ユーキャンのチラシがふと目に留まる。
いろいろと資格が紹介されているけど、ボールペン字とボールペン習字、どう違うのか。
ペン先の違いというのなら、シャープペン、万年筆、高枝切バサミがなぜ無いのか。

他には、医療事務、歯科助手、FP、SP、PSP®。
結構あるものだ。その中に、「高卒認定」なるものを見かけた。

どういう人が高卒認定に申し込もうと思うのだろうか。
中退、もしくは高校に行かなかった者、
行きたくても諸事情で行けなかった者、
行きたくないからあえて貧乏家庭を装った者、
「受ける」を「ウケる」と間違えて受験当日に家で笑い転げていた者、
合格した高校とは違う高校に三年間通ってしまった者、などが考えられる。

では、仮にその認定をもらって何をするのだろうか。
「高卒程度以上」の規定がある企業・機関への就職、もしくは大学受験だろう。
大学に行く気概があるなら、当然、高校に行くだろうから、後者は考えにくい。となるとほぼ前者だ。
しかしなぜ、そんなところを面接しようとするのか。
「学歴不問」の会社ではダメなのか。

社会人になると、周囲の思い出話9割は、高校時代に集約される。
大卒者が少ないから、大学の話ができないのだ。自然の流れで、高校の話になる。でも、それは思い入れが強いからではない。他人が、どの高校を卒業したかを把握することでちゃんと格付けしているのだ。そんな渦中に割って入り、どう太刀打ちできよう。
禿げているのに、カリスマ美容師になろうとするぐらい危険な話だ。
仕事の成績で見返すのもあり得るかもしれない。けど、ほぼ皆無だろう。

もう成績とは無縁の仕事に就くしかない。
それは、社長業である。
社長業こそ成績主義だろうと思っているだろうが、まったくの勘違いだ。
HPはネット屋へ、印刷はラクスルへ、税金は税理士へ、紛争は弁護士へ、肝心の損益数字はナンバー2役員へ、経費は愛人へ、いわゆる丸投げ業なのだ。
周囲は、丸投げしてもらいたくてたまらない人たちばかりである。

社長の素質は、夏休みの宿題を親に丸投げした過去の実績だけで充分なのだ。
ユーキャンにCEO資格があったら、ペラペラ紙一枚でぜんぶを語れるだろう。

人は不思議なものである。
一度は挫折したのに、当時は自分が未熟だったからだ、とつい再挑戦してしまう。
実は、達成することより、見切るほうが難しいのだ。

でも、きっと大丈夫。
君なら、できる。

 

P.S.
今、世に出回っている資格は、すべてCOO。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告