Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

夜空ノシゴト。

2016/12/31 0:00

日めくりカレンダーなんかが、コンビニで売られていて、
よく見ると、故田中角栄のカバー写真のものがあった。

意外に売れているのか、棚の在庫が減っている。

でも、毎日めくっていくのも面倒だし、
今日の日付だけが分かったところで何か役に立つのだろうか。

カレンダーはある日の前後を、すぐに確認できないと意味がない。

 

裁判所の事務室なんかは、壁にデカデカと1月~12月まで一枚一枚、全部貼られている。

紛争・事件を扱う機関だけに、事の顛末という可逆と、
日付という不可逆が相まった場所というか、元来、仕事とはそういう形をいうのだろう。

モノを仕入れて販売する仕事だと、
今日売れたものは、三カ月前に仕入れたものだ。
知恵を売る仕事だと、
今日売れたものは、一年前に捻り出したものだ。

供給側は、三カ月ないし一年の幅を見据えていて、
大抵の消費者は、どうしても時代遅れのモノを買っていることになる。

でも、それが一番美しい姿だと思う。

 

一日一日を丁寧に生きている姿は、
一見素晴らしいようで、まるで太陽を直視しているようである。
即座の光はどうしても目に余ってしまう。

でも、夜空に浮かぶ恒星の輝きは、最短でも四年前の光である。
すぐには届かないけれど、とても優しい。

長きにわたって、苦悶を寝かせたものが、
ある日突然、美しい光に変わる、そんなイメージだろう。

それには継続して、自らが光を放たなくてはいけない。
暦よりも、流れである。

 

P.S.
厳つい顔が、次第に優しく見える。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告