Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

真実の天然酵母。

2016/12/01 0:00

「コンビニの食パンでどこが一番売れているのか」ランキングがある。
珈琲とか、比較するものは何でもいい。

店舗数とか、来客数などの分母の格差は考慮されず、
一応の指標となる。

この場合、街のパン屋が、
このランキングにいきなり一位に踊り出ることはない。
あくまでも、対象はコンビニなのである。

会社・団体の後ろは、必ず「資本」がいて、
商品というモノや人が主体ではなく、資本が主体なのだ。
資本とは、つまりスポンサーである。

 

一方、
「ジューじゃん、しよう。」なんて誰かが言い出して、同僚や仲間うちで、
ジュースじゃんけんが始まり、負けの一人を決めることがある。

これは公平だし、資本も自腹だ。
「言い出しっぺが負ける」という苦い法則があるくらいで、
なにより当事者以外、結果を知る必要がない。
明らかに、前者と違うわけだ。

資本が言い出しっぺになったランキングたるものは、
真剣さや公平さが不透明なのだ。

 

ジレンマである。

実は真剣勝負ほど、世に出ないのではないだろうか。
だとすると、華やかなスポーツも怪しくなってくる。

教科書に出てくる歴史上の戦いも怪しいし、
戦争も怪しい。

スポンサーとは、支配欲だ。

それは、はっきり見える形の裏に潜んでいて、
ジワジワと膨らんでいくイメージだろう。

 

食パンの話から、かなり飛躍した。
たまには黙って、菓子(可視)パンにでもかじりつこうと思う。

 

P.S.
どこのラーメン屋の入口も、〇〇ランキング一位の看板。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告