Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

じぶんポイントを貯める方法。

2016/11/04 0:00

レジで、ポイントカードが無いのに気づき、
うしろで並んでいる人をかえりみず、席まで取りに戻る女性の姿があった。

今はどのお店も、
「ポイントカードお持ちでしょうか」が決まり文句になっている。

余計なやり取りが増えた気もするが、
第二の通貨として、認知された証拠であろう。

 

ここで「持っていません」と返すほうが、
ポイント放棄主義で粋な感じがするし、
男性が、わざわざ出すというのも恥ずかしい。

「人前で恥ずかしい」という概念は、
一体どこからくるのだろうか。

じぶんは、1円玉が落ちていても、
飛びついて拾うのに、ポイントカードは持っていない。

これだと、「そっちのほうが恥ずかしい!」
と思う人だっているわけだ。

 

羞恥心とは、
その人の勝手な思い上がりといえる。

 

人それぞれじぶんの中で、
感じるポイントが違うわけで、カウントの対象も違う。

共通するのは、
人のやさしさに触れたときの「思いがけない」出来事で、
じぶんも誰かを助けようと、カード(振る舞い)をきることだ。

 

正直、本はあまり好きじゃないけど、
これ以外に、じぶんポイントを加算していく方法が今のところ見当たらない。

 

P.S.
その人の表情が、第一通貨。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告