Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

男の美醜。

2016/10/09 0:00

飲食店で、
最初のオーダーから運びまで、ぜんぶが男性のお店がある。

コンビニやスーパーでも、
昼間のレジが男性のときがあるから、困ったものだ。

そうなると、
「どういう趣旨で、ここにいるんですか?」と、
聞きたい気持ちをいつも押し殺している。

 

これから口に運ぶ食べ物なのに、
男性に触れられたくないという気持ちが分からないのだろうか。

誰かが、
「女性はこの世の蜂蜜」といったように、
食事と女性は、セットなのだ。

 

じゃぁ、全員女性がいいのか。

いや、
仕事の場合だと、交渉相手が女性では、
てんで、お話にならない。

融通が利かないとか、そんな理由ではない。

 

仕事は、裸だ。

 

渾身の内面を、仕事でさらけ出しているのだ。

女性のまえで、
いちいち服を着るのが、めんどくさい。

 

P.S.
野球部のマネージャーも、本当は男性がいい。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告