Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

利命(りめい)。

2016/10/07 0:00

中古の家を売買するとき、
固定資産税は、買主と売主で日割りする商慣習がある。

しかし、これも間違いである。

案分(あんぶん)したら、売主は所得になり、
買主は経費にするか、案分そのものを拒んでいいのだ。

元旦に所有していた人が、めでたく負担するのだ。

税務署にも、感情ぬきで、
財政という使命感があるのだ。

 

さて、
ときに、この使命感がくせものだ。

勉強ができない子には、
「クラスを盛り上げてくれる!」

補欠の選手には、
「チームを盛り上げてくれる!」

 

しかし、
1万円札が、机の引き出しにあるだけで、
価値があるだろうか。

「机を盛り上げてくれる!」
とは言わない。
どうにかして、利用する手段を考えるはずだ。

 

人間も、価値の増幅なのだ。

 

あなたとわたしの、
上質な情報を結合して増幅しましょう、だ。

 

P.S.
公平は使い捨て、格差は感謝。

 

P.S.×2
ホリエモンチャンネル Twitterフォロワー追加されました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告