Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

数字と言葉は仲が悪い。

2016/10/05 0:00

副賞「カップラーメン一年分」

365日分を常識とする向きがあろうが、
あえて具体的な数を伏せている。

子どもにとったら、その期待値は1日3食以上であり、
部屋がラーメンで埋め尽くされた想像を膨らませるものだ。

 

さて、
年金の減額とか、最低期間25年が10年に短縮とか、
この手の話題になると、「どうせ破綻するんでしょ」となる。

しかし、
年金を運用している、年金なんちゃら独立行政法人は、
見事な利益を出している。

 

誰だって
いったん回収したお金を、
当てにされたくない。

お年玉3万円を預かったお母さんが、
子どもに、数字だけでも忘れさせるイメージだろうか。

 

年金も、
想像のパラシュートだ。

 

どこに着地するか分からないけど、
ゆったりと、絶景を堪能できると思えばいいし。

市場のクジラこそ、
日本の命綱なのかもしれないのだ。

 

P.S.
めんどくさいから、「年金一生分」。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告