Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

喧嘩両成敗。

2016/09/30 0:00

ちょっと腑に落ちない運転なのか、
すれ違いざま、窓の奥で文句を言ってくる輩がいる。

車体という甲冑に覆われると、人は強くなるものだ。

ただ、相手がどこのだれか分からないのに、よく言えるなと、
いつも感心してしまう。

 

ケンカは、
最初に売ったほうが、分(ぶ)が悪い。

数年前、倍返しだ!が流行ったが、
じぶんも疲弊するし、なんてたって時間のムダである。

 

ケンカは、
するのではなく、させたほうがいい。

 

お店のクレームも、
スタッフ本人に直接言うのではなく、
本社に言う。

叱りたい部下がいるなら、
その周囲にいる部下たちを叱る。

原因となった本人をスルーすることで、
だんだん事の発端がぼやけてくる。

ぼやけたほうが、
大きな軋轢(あつれき)を生み、俯瞰(ふかん)できるのだ。

 

P.S.
ケンカは、空売りを仕掛ける。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告