Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

国語と算数。

2016/08/31 0:00

小学生の頃、
なぜ日本人なのに、国語の勉強があるのか不思議で仕方なかった。

むしろ算数のほうが大事だ。
サッカーでも、野球でも、
遊びの1点、駄菓子屋の10円、真剣勝負だったのだ。

 

しかし、大人になるとこれが逆になる。

国語が面白くて、算数なんてどうでもいい。

買い物のレシートなんて見ないし、
じぶんにいくらお金を使ったかなんて、気にならない。
人におごるときは、かなり気になるけど。

 

本や会話、お出かけなど、
何をしたら楽しいか、じぶん語の勉強だ。

 

つまるところ、
ビジネスも100%国語。

 

バランスシートだの、損益計算書だの、
お金が入ってこないことには意味がない。

入ってきても、
心のバランスのほうが大事なのだ。

経営とは、
じぶん語がどれだけ国内や世界で通用するかのウキウキ感ではなかろうか。

 

P.S.
学校での感想文は、思ってもいないことを文字にする訓練。

 

#つぶやきranking
#ブログranking

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告