Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

領収証との仁義なき戦い。

2016/08/28 0:00

宅配ピザで、領収証(文房具屋にある定番)を求めてくる家人がいる。
いきなり言われたアルバイトくんもびっくりしたらしい。
本社の意向で、全店舗ないのだ。

100%経費で落とす目的なのだろうが、
レシート兼明細書でじゅうぶん経費は落ちる。

だいたい、
ピザぐらい自腹でいいものを、
どこか盗み食いしている気分で、味わえないだろうに。

 

さて、学歴や資格、社会的地位も、
時間を支払った以上に、じぶんという内訳を伏せる意味では、
ぜんぶ人生の領収証ともいえる。

いずれも、
費やしたぶん、証書や肩書の見返りを求めた時点で、
じぶんが本当にやりたいことではなかったということだ。

タダ食いが目的だと、あとあと悲しい。

 

お金の稼ぎ方に精を出すより、
お金の使い方に、知恵と勇気をふりしぼるのだ。

 

タバスコをどれだけ振りまくっても、
それは、じぶんの血ではない。

 

P.S.
経費は、経理部の目が光り、
自腹は、じぶんの脳部が光る。

 

#つぶやきranking
#ブログranking

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告