Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

水と空気。

2016/08/17 0:00

女性でも、運送業の力仕事からバスの運転手まで。
それだけ今は、自由に仕事が選べるようになった。

 

しかし問題は、ここからだ。
肝心のじぶんが成長しないといけない。

「会社から学ぶことはたくさんある。」
とはいうものの、
家に帰って精魂尽き果てていたら、意味がない。

 

できれば、自発的に家でやってる好きな勉強で、
「会社を」利用するのだ。

企業側だって、それを望んでいる。
会社は、社員とともにしか成長できないのだ。

将来、今の仕事で独立するなら、会社をとことん利用して出世する。
将来、会社に骨をうずめるなら、アフターファイブのような会社を選ぶ。

 

家と仕事は、常に延長なのだ。

 

どちらかがおろそかになると、死んでしまう、
水と空気そのものだ。

24時間365日、仕事を忘れる日が1日でもあったなら、
それは本当にやりたいことではなかったかもしれない。

 

P.S.
ぐったりした魚は見たくない。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告