Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

家族ダイアリー。

2016/08/12 0:00

配偶者や子どもと会いたいけど、
会うと窮屈を感じる人だっている。

けして、嫌いとかではない。
むしろ、片時も忘れるときはない。

いっしょにいたいけど、距離を置きたい、
そんな相矛盾する衝動が、不思議と起こるのだ。

 

じぶんで意識していないことを、
3人以上の周囲に言われたのであれば、
間違いなく、その人はそのような人である。

他人の助言には、皮肉や悪意はあるも、
根底は善意であり、ほぼ的を射ている。

 

「結婚してはいけない人」

でも、それでいいじゃないか。

無責任だとか、非情だとか、
おおいに結構。

「最低!」と言われて、快感なんだから、
前世かなり最高な人間だったんだなぁ、と思う。

じぶんと家族が、
平安でいられたdiary(日記)を自慢し合えれば、それが一番楽しい。

 

P.S.
年に1回の社長あいさつがあるなら、
年に1回の家族あいさつがあってもいい。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告