Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

包容力の試練。

2016/08/08 0:00

人の目が気になるという。
いちいち人の顔を見るからだ。

凡人は、ウロウロして「調子どう?」と周囲を気にし、
じぶんの世界に入ってドンとしている人とは、対極である。

 

街角での人間観察は、確かに勉強になるが、
それはあくまで、
じぶんが順風満帆な状態でないと、ムリな話である。

相手の欠点も包み込んであげれる状態だ。

 

まなざしは、心地いいけど、
視線は、気味が悪いのだ。

 

一度試してもらいたいことがある。
調子の悪い日は、「だれも見ない。」と。

すると、
そんな日に限って、美しい女性が横に座るものだ。

試されてるとしかいいようがない。
それでも見ないことで、運が上向くのだ。

 

P.S.
欠点は、景色のように、ぼんやり見る。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告