Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

アメとムチ。

2016/06/25 0:00

お客が店を出て行くたび、
テーブルをこまめに拭くスタッフの姿がある。

惜しいのが、表面だけでフチを拭かない。
鼻くそがついてても、そこはご愛嬌なのだろう。

 

さて、車の運転免許をもっていない女性とたまに出くわす。
よく今まで生きてこれたな、と感心させられるが。

話を聞いていると共通している点がある。

周囲に、アッシーなる人が必ずいるのだ。

 

「奴隷のしつけ方」という本がある。
タイトルに惹かれるも、翻訳なので読んではいない。
けど中身は、だいたい想像できそうだ。

人は、お金だけではついてこないし、
尊敬だけでも、もの足りない。

 

自分の存在価値が、
脅かされるとき、人はついてくる。

 

この恐怖の崖っプチを知っている人だけが、
奴隷を囲うことができる・・という感じだろうか。

 

P.S.
絵画は、額ブチが命。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告