Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

無心。

2016/06/24 0:00

日本銀行に入ったことがあるだろうか。

待合客、誰ひとりいないのに、
座って待ってる背後で、
二人のガードマンがべったりくっついてくる。

レトロチックで館のような建物内、
静寂で、時間が止まったように無心になれる。

ガードマンも、立ったまま寝むたくなろう。

もちろん、換金紙幣は新札だ。
(毎回、2千円札をまじえてくる)

 

さて、不動産を購入するのき、
ローンを組むか、現金で買うか。

たとえ現金があっても、
ぜひローンを組んでもらいたい。

現金購入とみせかけて、
内情は毎月、親に返している人もいる。

 

現ナマは、当然お金だ。
しかし、
ローンは、お金ではなく、
単なるスコア(点数)なのだ。

 

スコアは、無から生まれ、
実のところ、不動産も、無ということになる。

無をお金に変えることができるのは、銀行だけ。

ある意味、無心とも言える。

 

P.S.
所有権という意識も、無から生まれた。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告