Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

ひっ算。

2016/06/21 0:00

算数の問題を解くとき、
空いたスペースに計算書きする。

式は、ためらわずに書けても、
この筆算部分を消してしまう子どもがいる。

 

さて、その場に居合わせた人に、
電話番号など連絡事項を伝えるとき、
どうしているだろうか。

まくし立てて、もたつく相手を楽しむか。
それとも、ゆっくりと104のごとく、何度も唱えるか。

どっちでもいいけど、
紙とペンを持ち歩かない人は、かなり要注意だ。

図々しい人は、「復唱して」まで言い出す。

こうして、
すべてを口頭で終わらせると、どうなるか。

 

無能と判断される。

 

言葉は、公有だけど、
手書きは、私有なのだ。

 

P.S.
その場で、
「電話番号を書いたメモ」をさっと差し出すのは、
かっこいいではなく、あたりまえ。

 

#つぶやき
#ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告