Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

サファリパーク。

2016/05/16 0:00

ある一頭だけ、
必死でバスに体当たりしてくるけど、
乗客全員、笑ってる。

ご丁寧に、ライオン赤ちゃんと、
写真撮れるブースまである。

なるほど。
野生のフリした動物王国に癒しを求めますか。

実際は、縄張り内に立ち入ろうものなら、
強固な鉄格子でさえ、突き破られるな。

とまぁ、そんな想像をしたりする。

本物の野生が助けに来ないことを祈るばかりです。

P.S.
猛禽類が「伝書」をくわえてたら、笑える。

 

どうぶつ つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告