Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

最期の化粧。

2016/04/26 0:00

看取る人に、何かを言いかけて逝ってしまう。
手の平になにかを書こうとして逝ってしまう。

これが結構、母親に多い。
娘は気になって仕方ない。

しかし、どこか、
死者の思惑も垣間見える。

こたえは、
『現世をしっかり生きて。』
で統一していい。

P.S.
謎めくから、輝ける。
 

だいすきなひとを、想う。 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告