Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

待ちわびて。

2016/01/10 19:15

母の迎えが遅かった。
母の帰りが遅かった。

不思議なもので、
待ちわびているときほど、その人は一向に来ない。

起きて待ってようと思うほど、寝てしまう。

とすると、
帰宅すでに寝ている妻も、実は。
 

気になること つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告