Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

初めてなのに懐かしい。

2015/12/22 21:53

昭和50年から長年、喫茶店を営んでいる親子がいる。

初めて入った店で、
切り盛りしているママの前に座ると、
なぜか気持ちが高揚した。

波動が伝わったのか、
横にいたオヤジが思わず本を落とす。

カウンターで、レトロな雰囲気の珈琲。
1,000円で収まるから、申し訳なかった。

不思議と、
初めてなのに、懐かしい。

きっとなにか理由がある。

P.S.
偶然にも今日、そのママのご子息(40歳くらい)とばったり会った。
「あんた、お店をママひとりにするなよ。」と言いたかったが、
向うも、「あっ」って顔していた。
 

カフェ・喫茶店 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告