Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

緊急避難。

2015/12/09 23:12

朝起きて、なんとなく
今日は不吉な予感のするときがある。

銀行の駐車場に入ろうとすると、
すぐ前を走っていた車も入って、満車になる。

庶民カフェに入ると、底辺とおぼしき連中がたむろしている。
しまいには、端にすわっているオヤジが屁をこいた。

直感どおりだ。

こんな日は、
高級ホテルの最上階室に避難宿泊するに限る。

P.S.
1日じゅう、浴び続けたマイナスのオーラを
神聖な家に持ち帰ってはいけない。
 

国内ホテル つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告