Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

専門家といえど。

2015/11/06 21:38

最難関の国家試験をパスした専門家からの提言は、
すべて正しいと過信する。

のちに争いになるそのほとんどが、
相手を信じて疑わなかったいうものばかり。

しかし、ちょっとは、
「ん?」と、微々の異変に気付いていたはずだ。
でも、「当初、相手を信頼していた。」とのたまう。

結局、
疑うことを放棄したのだ。

P.S.
ココだけの話、
どんな高貴な職業人も、
なりたくてなった人は、意外に少ないことに気付く。
 

やや大事な話 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告