Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

川の字で寝る。

2015/10/30 20:48

ひとりっこはとくに、小さいころ、
両親に挟まれて寝ていた経験がある。

親は、「あーしあわせだなぁ」と悦に入る。

しかし、子どもにとって、
これほどの拷問があろうか。

子どもは、寝るときひとりがいい。

P.S.
母の寝息だけが遠くで聞こえるぐらいがちょうどいい。
父が子どもと手をつないで寝るのは、死刑にちかい。
 

子供の成長 つぶやき ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告