Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

どっちが飼われているのか分からない。

2015/08/22 23:01

芸ができれば、エサを与えられる。

大衆の面前のアザラシは、
『瞳を大きくするだけで、かわいいー言うし、
エサたっぷりくれるけん。こいつら、ちょろいわ~』
と、こっちをさげすんでいる。

立場の優位は、錯覚で成り立っている。

エサを与えられているのは、人間のほう。

P.S.
水族館の魚は、他の魚を食べない。
 

動物 つぶやき

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告