Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

ピロティ駐車場さまへ。

2015/08/02 20:38

暑い。
昼から、青空駐車場の車に乗り込むときの悲惨さといったらない。
クーラーが効くまでの短時間でさえ、汗で身だしなみが台無し。

ところが、ピロティ駐車場ときたら、
屋根付&出入口ドアに連絡している。
日差しの死角は、本当にアリガタイ。

ピロティは神さま。

P.S.
こんなにも違うのか。
自分が住んでみて、初めて実感する。
ピロピロピロ♪
 

車をとにかく考える会 つぶやき

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告