Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

祭り。

2015/07/15 5:01

上っ面な幸せの日常を過ごしている人たちに、看過されてきた。

歴史があるというだけで、祭りに熱狂している意味がわからないと。

でも、心を奥底では、どこかうらやましがっている。

どんな祭りでも、

ひとえに『今、自分は生きている』と感じることができるからだ。

命があることに感謝できる。

P.S.

もう少しでスタートだ。

おいさ!おいさ!

つぶやき

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告