Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

今、柿は青々している。

2015/06/24 22:13

JUGEMテーマ:小学校生活のいろいろ
子どもは、愛想笑いを覚え、
親や先生に嫌われまいと、毎日ビクビク生きている。
青く固い子どもの心は、だんだんと成熟していく。

つとに親は、自己の問題を棚にあげ、
子どもに意識を向けることで、気を紛らわす。
親のほうが手に負えない。
成熟を超え、いくぶん臭みがある。

だから、子どもの世界だけで生きていく。

P.S.
中休みは、朝顔に水をあげる。
今を生きている。

 ブログ

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告