Hira2’s.diary

そらはいつだって淡々としている――。

あっという間に時間が経つこと。

2015/06/20 23:43

書面の類を作り出すと、時の流れを忘れてしまう。

どんな契約書も、当事者を文言で規律してしまう意味で、
その強制力的な内包が魅力にかなっている。

あれもこれもと文言を追加してしまう。

P.S.
文言で痛い目にあった人だけが
文言の重みを知っている。

JUGEMテーマ:つぶやき。

このエントリーをはてなブックマークに追加
LINEで送る

スポンサー広告

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサー広告